日本語

教育部助成第一、二期スマートリビング人材育成プログラム

大學的角色(日本語)

 

プログラムの紹介

台湾の産業はグローバルな知識経済化によって大いに影響され、以前とは異なる産業競争圧力に面している。強力な新興経済体との競争、及びグローバル社会の人口と自然環境変化に対応するために、未来の産業の発展に順応できる高等教育を受けた人材が必要となっている。よって、台湾の世界に誇る電子産業をベースとした、グローバルなスマートテクノロジーとサービス産業の潜在能力を発展させるために、教育部インフォメーションテクノロジー局は2011年から四年に渡る「スマートリビング人材育成プログラム」を実施している。

本プログラムは、ポスト工業社会のデジタル化、少子高齢化及び地球温暖化などのグローバルなトレンドに対応し、また経済の成長と転型を促進するための、青年たちの就業機会の創造と理論を実践できる高度な人材の育成を目標としている。例えば、「永続的なスマートリビング空間」、「スマートな健康・医療ケア」、「文化志向なライフテクノロジー」及び「生態と環境に友好な農業」など、新興産業と潜在的な地方の発展を発掘できるスマートな人材である。プログラムの目標はテクノロジーと生活を結びつけ、社会と環境の変化の需要に対応できる分野横断的な高い創造力、そして社会に対して高度な関心を持った情熱を持ったスマートリビングな人材を育成し、台湾社会経済の転型とグローバルな競争にも対応できる人材を提供することである。

よって、本プログラムは三つの面から実施している。(一)大学間連携型の「スマートリビング人材育成に重点をおいた大学連盟」、(二)全校型の「特色ある大学とスマートリビング人材育成」、(三)国際交流に重きを置いた「アジアスマートリビング国際学院」。これらは「リビングラボ(Living Lab)」の方法と核心的理念を授業で実践することによって、テクノロジーの導入、ユーザーのニーズ及び革新的なカリキュラムといった、授業で体験実習を押し広めている。もっとも、本プログラムは大学の社会的責任に重点を置き、大学は地域でイノベーションと青年起業家の育成に積極的な態度を取るべきと考えている。よって、積極的に高等教育の中でソーシャルイノベーションと青年起業、地方の発展と密接かつ革新的な起業のコースと人材育成のプラットフォームの確立を試みている。また、本プログラムは国際的にも積極的に活躍し、「アジアスマートリビング国際学院」を通して、国家、領域、年齢の枠を超えたスマートリビングな人材について学習と交流し、スマートリビングの国際教育にも尽力している。

 

大学の社会的責任

今まで大学の任務は人材の育成、知識の伝達によって新しい知識を創造するものと考えられていたが、近年大学はこれら以外に、社会の発展にも貢献できるのではないかと期待されている。例えば、社会に対する関心は、社会と人類のライフスタイルの革新的な進歩のヒントになるといった具合である。その他にも、大学は積極的に地域の歴史や社会、文化、経済及び産業の特色などについても教育と研究をし、地域の発展に貢献すべきである。

なので、大学は社会の需要に合う、革新的な方法で社会の進歩を推し進められる人材を育成するべきである。学術研究やカリキュラムでも、社会問題について深く知り、分析し、解決案を提出すべきである。地域の発展でも、大学は地域を中心とした、政府と産業の資源を連携したプラットフォームの役割を担い、青年たちの革新的な起業を支援し、地域の革新的な生態システムを強化すべきである。

 

プログラムの目標

1.革新的な人材育成のプラットフォームの提供
学生と教師、社会的企業、非営利団体の四者に交流する場を提供することによって、学ぶ場やアドバイス、または教育訓練、成果発表などを通して、地域のイノベーションと産業との繋がりを活性化させる。

2.革新的な起業家育成課程
異なる専門分野、育成資源、産学官連携を結合した教育課程によって、地域密着型や社会の需要に応えられるイノベーションな起業家の育成。

3.革新的な人材ネットワークの構築
地域密着の起業家たちのネットワークを発掘することによって、代表的な事例を参考にし、人材育成のプログラムに取り入れる。

Post a Comment

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *

*